読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子子子子日記 -koneko no nikki-

どうぞいらっしゃいませ!本サイトは日本のライトノベル作家、子子子子 子子子のブログです。著作やお仕事の宣伝や、日常の他愛のないことを書いています。

はじめまして、子子子子 子子子です。

 

みなさん、はじめまして。
ライトノベル作家(まだ受賞作は刊行していませんが一応w)の子子子子 子子子(ねこじし こねこ)と申します。
今後は自著の宣伝や近況報告をするためにブログを開設しよう!と思い立ってみましたが、まず最初に何を書けばいいのか早速悩んでおりますw
そもそも、ブログを運営するのも初めてで、今までもっぱら読み専でしたからね。
考えた結果、とりあえず、私のペンネームの由来をお話しようかと思います。

このペンネームを見ると、だいたいの方から「読めないよ!」とツッコミを頂きます。ええ、もっともなご意見です。自分も初見ならば間違いなく読めないと思うのでw

日本には〝幽霊苗字〟というものが存在します。
これは、文献や記録上には載っているが、実際に存在したという確固たる証拠が見つからない名字のことを指します。
その中でも子の字を四つで子子子子(ねこじし)、子の字が三つで子子子(こねこ)というものがあります。この二つを組み合わせて、私は子子子子 子子子というペンネームを名付けました。
小説家、ひいてはライトノベル作家という職業は、空想を紡ぎそれを物語へと昇華させることを生業にしています。
つまり極論を言えば、読者を楽しませる一流の嘘つきであり、シナリオライターの中には自ら〝嘘屋〟と名乗る方もいらっしゃいます。
だからこそ、幽霊苗字である〝実在するか分からない〟〝だけど記憶に残る〟このペンネームは、そんなライトノベル作家に相応しいペンネームではないかと個人的には思っています。

……と、まあそれらしい理由は以上ですが、単純な話として当時我が家で飼っていた猫がちょうど七匹いたので、子の字を猫に置き換えて〝猫が七匹で子子子子 子子子〟だと閃いたので、みなさんもそんな感じで覚えてもらえばと思います。
あとは、このペンネーム。文字数が長いので新人賞の結果発表で見つけやすいんですよね……w

こんな感じで割とアバウトな名付け方をしていますが、個人的には気に入っているペンネームであります。
もし書店で子の字がたくさんある本を見つけたら、名前まで覚えなくてもいいので気になったら手にとってもらえれば幸いです。

さて、初めての記事はこんな感じになりましたが、どうか今後ともどうかよろしくお願いします!